いくつか種類のある育毛剤

薄毛や抜け毛などでお悩みの方は非常に多いと思いますが、そんな中「育毛剤」の購入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

育毛剤には様々な種類があり、自分の症状に合った育毛剤を選ぶ事が大切です。

頭皮の毛細血管の血行を良くして発毛を促す「血行促進型」や、頭皮がベタつきが気になる方などには「皮脂分泌抑制型」、また、育毛にとって必要な栄養成分を補給する「栄養補給型」などがあります。

「血行促進型」は、一般的に認知度が高く、育毛剤と聞くとこのタイプを思い浮かべる方が多いと思います。

このタイプの育毛剤は、薄毛や抜け毛が気になりだした初期の段階において有効です。

「皮脂分泌抑制型」は、皮脂が毛穴に詰まることによって、抜け毛が酷くなってしまったというような方に有効な育毛剤です。

俗に言うアブラギッシュな方などはこのタイプの育毛剤が有効です。

「栄養補給型」は、産毛のようになっている髪の毛、また細くてひょろひょろとしたような髪の毛を太く抜けにくい髪の毛にするといった効果があります。

これらの育毛剤は市販などで比較的簡単に手に入れることができます。

薄毛や抜け毛が気になるという方は是非、ご自身の症状に合った育毛剤を選びましょう。

育毛剤を使って髪の毛が増えてきました

私は頭のてっぺんが薄くて困っていました。

そんなときに円形脱毛症になって、いよいよ育毛が必要になって来ました。

最初は花蘭咲を使っていました。

花蘭咲は女性用に開発された育毛剤で、エビネエキスが配合されていて、髪の毛がしっかりとしてきて、なかなかいい感じでした。

シャンプーの回数も一日おきにするなど、抜け毛が増えないようにして、育毛剤を毎日使って、髪の毛が生えて来るのを待ちました。

花蘭咲はいい感じでしたが、テレビのコマーシャルで柑気楼という育毛剤が女性の育毛に良いということを知って、柑気楼を買って使ってみることにしました。

柑気楼はみかんの香りがして、さらっとした感じで花蘭咲と同じようになかなかいい感じです。円形脱毛症になったところにも毛が生えて来て、ほとんど目立たなくなってきたので、良かったなと思っています。

柑気楼を使い始めて、抜け毛が少なくなって来て、朝、起きたときに枕に抜け毛が付いていることがほとんどなくて、効果が現れているのだなと思いました。

柑気楼を付けて、頭皮をマッサージすると効果がよりよく出るようです。

香りがいいところが柑気楼の良いところで、使い続けるときに香りは重要だとおもいました。